なぜ、新患の3人に1人が道に迷う奈良県の悪立地の施術院に、北陸や関東から患者が押し寄せるのか…?

なぜ、悪立地の施術院が評判に…?

池浦先生の院は、奈良県の片田舎にあります。立地はかなり悪く、最寄りの駅からは徒歩で15分以上。また、院の前に車を乗り入れられないため、院から100メートル以上も離れた駐車場を利用しなくてはなりません。 その上、周辺は古い住宅街で行き止まりが多いため、初めての患者さんの3人に1人が道に迷うと言います。

しかし、彼のもとには関西一円はもちろん、中部や北陸、関東からも、「どこに行っても改善しなかった」という患者さんがたくさん来院しているのです。 何時間もかけて患者さんが来院する目的は、ただ一つ。他では受けることのできない、池浦先生の独自の施術を受けるため。その施術こそが…

関節の癒着をベリッ!と引き剥がす

先生もよくご存じのとおり、世の中にはたくさんの手技があります。筋肉や骨格、内臓、経絡など挙げればキリがありません。 でも、「関節の癒着」を対象にした技術って、聞いたことがないと思いませんか? 実際、ほとんどの施術家が、関節が癒着するという概念自体に馴染みがないと思います。

しかし、関節も筋膜と同じように癒着を起こし、痛みや歪みなど、さまざまな問題の原因となるのです。池浦先生の開発した「TAM関節リリース」は、この関節の癒着を剥がすテクニックです。 名前にもあるTはテンション。関節包、靭帯に適度な方向の緊張を与えることを意味します。そしてMはモーション。これは、関節を動かすことです。 つまり、癒着の方向性に対し適正な方向へ力を加えつつ、動かすことで、関節の癒着を解消する技術が「TAM関節リリース」なのです。

先生も筋肉や骨格へのアプローチでは取りきれない痛みを簡単に解消したいと思いませんか? 今回、TAM関節リリースを習得できる映像教材をお渡しします。DVD収録内容の一部をご紹介すると…

骨格や筋肉へのアプローチで取りきれない痛みを解消! 「関節リリース5テクニック 臨床編」の内容とは…?

  • 関節の癒着を簡単に剥がせる、「TAM関節リリース」
  • TAM関節リリースの「4つの特徴」とは…?
  • 「関節の癒着」の正体とは…?
  • 癒着ができると、どんな問題が起こるのか…?
  • 5種類の関節リリーステクニック
  • 施術が効いているかどうかを判断する方法
  • 優れた結果を出し続けるための「人体観」とは…?
  • 静的な歪みと動的な歪みの違い
  • 【関節の歪みのパターン①】 可動域の制限
  • 【関節の歪みのパターン②】 関節位置のズレ
  • 【関節の歪みのパターン③】 運動方向のズレ
  • 【関節の歪みのパターン④】 運動の重さ
  • 症状から原因を見つける「縦の法則」とは…?
  • 痛みの原因を探るときに便利なテクニック
  • 痛みを発生させる「4種類の連鎖のパターン」
  • 関節リリースの簡易技法のメリット、デメリット
  • 高度なテクニックを習得する前の準備
  • 関節の動きと、「バール操作」の関係とは…?
  • 細かい一箇所の癒着を剥がす「一点集中法」
  • 人体の仕組みを施術に活かす「多関節操作」とは…?
  • 複数の靭帯にテンションをかける「並列牽引法」
  • 【手技実演】 肩こりの検査と施術
  • 【手技実演】 腰痛の検査と施術
  • 【手技実演】 ヒザ痛の検査と施術

なぜ、新患の3人に1人が道に迷う奈良県の悪立地の施術院に、北陸や関東から患者が押し寄せるのか…?

なぜ、悪立地の施術院が評判に…?

池浦先生の院は、奈良県の片田舎にあります。立地はかなり悪く、最寄りの駅からは徒歩で15分以上。また、院の前に車を乗り入れられないため、院から100メートル以上も離れた駐車場を利用しなくてはなりません。 その上、周辺は古い住宅街で行き止まりが多いため、初めての患者さんの3人に1人が道に迷うと言います。

しかし、彼のもとには関西一円はもちろん、中部や北陸、関東からも、「どこに行っても改善しなかった」という患者さんがたくさん来院しているのです。 何時間もかけて患者さんが来院する目的は、ただ一つ。他では受けることのできない、池浦先生の独自の施術を受けるため。その施術こそが…

関節の癒着をベリッ!と引き剥がす

先生もよくご存じのとおり、世の中にはたくさんの手技があります。筋肉や骨格、内臓、経絡など挙げればキリがありません。 でも、「関節の癒着」を対象にした技術って、聞いたことがないと思いませんか? 実際、ほとんどの施術家が、関節が癒着するという概念自体に馴染みがないと思います。

しかし、関節も筋膜と同じように癒着を起こし、痛みや歪みなど、さまざまな問題の原因となるのです。池浦先生の開発した「TAM関節リリース」は、この関節の癒着を剥がすテクニックです。 名前にもあるTはテンション。関節包、靭帯に適度な方向の緊張を与えることを意味します。そしてMはモーション。これは、関節を動かすことです。 つまり、癒着の方向性に対し適正な方向へ力を加えつつ、動かすことで、関節の癒着を解消する技術が「TAM関節リリース」なのです。

先生も筋肉や骨格へのアプローチでは取りきれない痛みを簡単に解消したいと思いませんか? 今回、TAM関節リリースを習得できる映像教材をお渡しします。DVD収録内容の一部をご紹介すると…

骨格や筋肉へのアプローチで取りきれない痛みを解消! 「関節リリース5テクニック 臨床編」の内容とは…?

  • 関節の癒着を簡単に剥がせる、「TAM関節リリース」
  • TAM関節リリースの「4つの特徴」とは…?
  • 「関節の癒着」の正体とは…?
  • 癒着ができると、どんな問題が起こるのか…?
  • 5種類の関節リリーステクニック
  • 施術が効いているかどうかを判断する方法
  • 優れた結果を出し続けるための「人体観」とは…?
  • 静的な歪みと動的な歪みの違い
  • 【関節の歪みのパターン①】 可動域の制限
  • 【関節の歪みのパターン②】 関節位置のズレ
  • 【関節の歪みのパターン③】 運動方向のズレ
  • 【関節の歪みのパターン④】 運動の重さ
  • 症状から原因を見つける「縦の法則」とは…?
  • 痛みの原因を探るときに便利なテクニック
  • 痛みを発生させる「4種類の連鎖のパターン」
  • 関節リリースの簡易技法のメリット、デメリット
  • 高度なテクニックを習得する前の準備
  • 関節の動きと、「バール操作」の関係とは…?
  • 細かい一箇所の癒着を剥がす「一点集中法」
  • 人体の仕組みを施術に活かす「多関節操作」とは…?
  • 複数の靭帯にテンションをかける「並列牽引法」
  • 【手技実演】 肩こりの検査と施術
  • 【手技実演】 腰痛の検査と施術
  • 【手技実演】 ヒザ痛の検査と施術

講師:池浦 誠
2005年に、奈良県で開業。最寄駅から徒歩15分で、不便な立地にもかかわらず、関西のみならず、中部や北陸、関東からも患者さんが来院する。その理由は、他院にはマネできない「関節癒着の改善」を可能にする「TAM手技療法」があるから。これまでに、TAM手技療法を使い、病院や薬でもダメだった患者さんを救い続ける。また、TAM手技療法講座を開催し、施術家向けの手技講師としても活躍。

収録内訳
4セクション(合計167分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:TAM関節リリース 理論編(23分)
はじめに/TAM関節リリースの特徴/関節リリース5テクニック/今作「臨床編」の特徴/
Sec2:関節リリースの人体観(19分)
関節リリースの人体観/人体は骨格と筋膜のテンセグリティ/関節の歪みのパターン/症状から原因を見つける「縦の法則」/習慣的緊張の仮説/
Sec3:TAM関節リリース 技術編(35分)
頚椎のペダリング/脊椎の2本指操作/バール操作/一点集中法/多関節操作/並列牽引法/
Sec4:TAM関節リリース 症状別(90分)
症例① 肩こり/症例② 腰痛/症例③ 膝痛/
販売価格:39,980円+税