なぜ、「痛みのパターン」にはめるだけで、整形外科もお手上げの膝痛を簡単に根本改善できるのか?

約3000万人が抱える、悩みの深い問題とは?

先生もご存じのとおり、日本人に多い問題と言えば、腰痛と肩こりです。先生の院にも、毎日たくさんの患者さんが腰痛、肩こりの施術を受けに来院されていると思います。

厚生労働省によると、腰痛に悩む人の数は約2800万人に上るそうです。では、それよりも多い約3000万人の患者がいる問題があるのは、ご存じですか? それは、「膝痛」です。厚生労働省の調査によると、自覚症状のある患者で約1000万人、X線診断で異常が認められた無自覚の患者を含めると約3000万人が膝痛を抱えていることがわかりました。 超高齢社会を迎える今、膝痛に悩む人の数はさらに増えることが予想できますが…

膝痛改善を極める「3つのメリット」とは?

メリットの1つ目は、「感謝されながら、売上を伸ばせる」こと。膝痛で来院する患者さんの多くは、整形外科で良くならなかった人です。悩みの深い問題なので、たとえ自費でも患者さんは喜んで施術を申し込んでくれます。

2つ目は、「競争から抜けだし、地域のニーズを独占できる」こと。腰痛や肩こりとは違い、膝痛の改善に自信を持っている施術家は、それほど多くはありません。 つまり、膝痛改善で結果を出せれば、腰痛や肩こりなどのライバルが多い分野の競争から抜けだし、地域のニーズを独り占めできます。

3つ目は、「この先の数十年、経営が安定する」こと。需要と供給のバランスが崩れている分野なので、集客や売上アップにも成功しやすいメリットがあります。

整形外科医も認めた膝痛改善テクニック

今回、先生にお伝えする「筋肉ロック解除 ミオンパシー」は、ただの膝痛改善手技ではありません。筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会の名誉会長を務める、加茂整形外科医院の加茂 淳 先生も認める安全で、改善効果の高い施術法です。

今回の教材では、学んだ手技ですぐに優れた結果がだせるよう、屈曲制限、伸展制限、回旋制限、ヒザの皿の痛みなど、痛みのパターンごとに最適な手技が学べるようになっています。 先生も膝痛改善を極め、やり甲斐を感じながら差別化と売上アップに成功しませんか?

痛みのパターンを理解すれば、膝痛はもっと簡単に改善できる! 膝痛改善テクニック「ミオンパシー」とは…?

  • なぜ、膝痛の改善が重要になるのか?
  • なぜ、ミオンパシーで膝痛が改善するのか?
  • 最初に知っておくべき、関節包の仕組みとは?
  • ヒザを曲げたときの痛み、その原因と改善方法
  • 大腿直筋の施術のポイントと注意点
  • なぜ、くすぐったい反応に注意すべきなのか?
  • 内側広筋と外側広筋の施術のポイント
  • 脛骨の内旋制限の理論とは?
  • 後十字靭帯の施術のポイントと注意点
  • なぜ、膝蓋骨の可動不全が起こるのか?
  • 膝蓋靭帯、膝蓋支帯の施術のポイントと注意点
  • なぜ、病院に行っても痛みが改善しないのか?
  • 大腿筋膜張筋、腸脛靭帯の施術のポイント
  • 姿勢を変えて施術する応用テクニック
  • 前十字靭帯の施術のポイントと注意点
  • 脛骨外旋制限を戻すミオンパシーのテクニック
  • スポーツによるヒザの痛みと、その原因
  • なぜ、筋肉がロックされるのか?
  • 施術後に痛みが悪化しない理由とは?
  • ミオンパシーの施術で差別化するポイントとは?
  • なぜ、ヒザに水が溜まるのか?
  • ミオンパシーと整形外科を併用するメリット
  • ヒザをねじったときに痛みが出る理由とは?
  • 外旋六筋の施術のポイントと注意点
  • 膝窩筋の施術のポイントと注意点

なぜ、「痛みのパターン」にはめるだけで、整形外科もお手上げの膝痛を簡単に根本改善できるのか?

約3000万人が抱える、悩みの深い問題とは?

先生もご存じのとおり、日本人に多い問題と言えば、腰痛と肩こりです。先生の院にも、毎日たくさんの患者さんが腰痛、肩こりの施術を受けに来院されていると思います。

厚生労働省によると、腰痛に悩む人の数は約2800万人に上るそうです。では、それよりも多い約3000万人の患者がいる問題があるのは、ご存じですか? それは、「膝痛」です。厚生労働省の調査によると、自覚症状のある患者で約1000万人、X線診断で異常が認められた無自覚の患者を含めると約3000万人が膝痛を抱えていることがわかりました。 超高齢社会を迎える今、膝痛に悩む人の数はさらに増えることが予想できますが…

膝痛改善を極める「3つのメリット」とは?

メリットの1つ目は、「感謝されながら、売上を伸ばせる」こと。膝痛で来院する患者さんの多くは、整形外科で良くならなかった人です。悩みの深い問題なので、たとえ自費でも患者さんは喜んで施術を申し込んでくれます。

2つ目は、「競争から抜けだし、地域のニーズを独占できる」こと。腰痛や肩こりとは違い、膝痛の改善に自信を持っている施術家は、それほど多くはありません。 つまり、膝痛改善で結果を出せれば、腰痛や肩こりなどのライバルが多い分野の競争から抜けだし、地域のニーズを独り占めできます。

3つ目は、「この先の数十年、経営が安定する」こと。需要と供給のバランスが崩れている分野なので、集客や売上アップにも成功しやすいメリットがあります。

整形外科医も認めた膝痛改善テクニック

今回、先生にお伝えする「筋肉ロック解除 ミオンパシー」は、ただの膝痛改善手技ではありません。筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会の名誉会長を務める、加茂整形外科医院の加茂 淳 先生も認める安全で、改善効果の高い施術法です。

今回の教材では、学んだ手技ですぐに優れた結果がだせるよう、屈曲制限、伸展制限、回旋制限、ヒザの皿の痛みなど、痛みのパターンごとに最適な手技が学べるようになっています。 先生も膝痛改善を極め、やり甲斐を感じながら差別化と売上アップに成功しませんか?

痛みのパターンを理解すれば、膝痛はもっと簡単に改善できる! 膝痛改善テクニック「ミオンパシー」とは…?

  • なぜ、膝痛の改善が重要になるのか?
  • なぜ、ミオンパシーで膝痛が改善するのか?
  • 最初に知っておくべき、関節包の仕組みとは?
  • ヒザを曲げたときの痛み、その原因と改善方法
  • 大腿直筋の施術のポイントと注意点
  • なぜ、くすぐったい反応に注意すべきなのか?
  • 内側広筋と外側広筋の施術のポイント
  • 脛骨の内旋制限の理論とは?
  • 後十字靭帯の施術のポイントと注意点
  • なぜ、膝蓋骨の可動不全が起こるのか?
  • 膝蓋靭帯、膝蓋支帯の施術のポイントと注意点
  • なぜ、病院に行っても痛みが改善しないのか?
  • 大腿筋膜張筋、腸脛靭帯の施術のポイント
  • 姿勢を変えて施術する応用テクニック
  • 前十字靭帯の施術のポイントと注意点
  • 脛骨外旋制限を戻すミオンパシーのテクニック
  • スポーツによるヒザの痛みと、その原因
  • なぜ、筋肉がロックされるのか?
  • 施術後に痛みが悪化しない理由とは?
  • ミオンパシーの施術で差別化するポイントとは?
  • なぜ、ヒザに水が溜まるのか?
  • ミオンパシーと整形外科を併用するメリット
  • ヒザをねじったときに痛みが出る理由とは?
  • 外旋六筋の施術のポイントと注意点
  • 膝窩筋の施術のポイントと注意点

講師:松尾 毅
“整形外科医が認めた整体師” 過去に、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会で、これまでに積み重ねて来た技術と理論を発表し、その発表内容が研究会会長 加茂整形外科医院 院長 加茂先生に高く評価される。 施術に取り組むかたわら、現在では多くの施術家に『ミオンパシー』を指導している。また『ミオンパシー』について、これまで雑誌などでその効果が取り上げられること数回。※MPS研究会とは、筋筋膜性疼痛症候群のメカニズム、施術方法及びその効果などが議論される医師、歯科医師のためのスタディグループ。

収録内訳
3セクション(合計159分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:屈曲動作で痛む 膝痛改善テクニック(76分)
ミオンパシーとは/ミオンパシーで膝の痛みが改善する理由/大腿四頭筋への施術/脛骨内旋制限への施術/後十字靭帯への施術/膝蓋靭帯・膝蓋支帯への施術/前脛骨筋・長趾伸筋への施術/ハムストリング・腓腹筋への施術/
Sec2:伸展動作で痛む 膝痛改善テクニック(54分)
ハムストリングへの施術/大腿筋膜張筋・腸脛靭帯への施術/前十字靭帯への施術/脛骨外旋制限への施術/縫工筋・薄筋のロックへの施術/
Sec3:パターン別 膝痛改善テクニック(29分)
膝に水が溜まるメカニズム/膝の捻じれによる痛みについて/外旋六筋への施術/膝窩筋への施術/まとめ/
販売価格:39,980円+税